ランドセル購入にも使える?意外な教育ローンの使い道【教育ローンのサービス、審査を分かりやすく解説】

カードローンプランナー

あなたにぴったりのカードローンを紹介します。

ランドセル購入にも使える?意外な教育ローンの使い道【教育ローンのサービス、審査を分かりやすく解説】

読了までの目安時間:約 15分

 

教育関連費用の借入にも使える便利なカードローンサービスはこちら!

審査時間は最短30分、最短1時間で使い道自由なお金が借りられるアコム!

アコム

低金利なカードローンが利用できる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

バンクイック

家族や職場にばれることなく教育費用が借りられる消費者金融モビット!

モビット

お子様がいる主婦の方にも低金利利用できることから人気なイオン銀行カードローン!

イオン銀行

教育ローンの使い道は授業料、入学金(入学費)以外にどのようなものがありますか?


教育ローンと聞くと、入学金や授業料といった使い道しかないというイメージをお持ちの方が多いと思われます。

ですが、実際には教育に関する費用にでしたらあらゆることに利用できるのが教育ローンです。

例えば、入学前に学用品を揃えることも「教育」に関連することといえば関連します。

そのため、お孫さんにランドセルを購入してあげるという利用方法もあるのです。

また、大学入学を機に一人暮らしを始めるための資金も「教育」に関わる資金と認められるため、借りることが可能です。

このように、実は使い道は結構豊富で、教育に関する費用として借りることができますので便利に利用できます。

そんな利用用途が広い教育ローンですが、より幅広い利用方法があるのが消費者金融アコムです。

アコムのカードローンも借りたお金の利用用途は基本的に自由ですので、学費や生活費だけでなく、借りたお金を交際費や娯楽に充てることも可能です。

アコム

教育ローンとアコムのサービスが異なるのは、アコムは借りたいときにすぐに借りられるカードローンであるという点です。

教育ローンは申し込み時に必要な金額を申請することで、申請した金額を借りることができるローンサービスです(審査結果で金額は変化)。

一方、アコムのカードローンは入会時にローン利用可能枠が設定され、その枠内のお金を自由に借りることが出来るというサービスとなります。

つまり、教育ローンですと借り入れるタイミングなどは固定されてしまいますが、アコムでしたら好きなタイミングで借入ができるのです。

とりあえず、入学前にアコムに入会して、ランドセルを購入する費用を借り、返済が完了したあともカードローンの利用は可能です。

そのため、今度は入学後の夏服の費用を借りたり、誕生日プレゼントの資金を借りたり、自分の生活費のために借りたりと自由にお金を借りることが可能となっています。

また、アコムはインターネット借り入れサービスもあるため、自宅や職場からスマートフォンなどで借入手続きをすることもできます。

提携先の楽天銀行の口座にでしたら、土日・祝日といった休日及び深夜でもいつでも振り込みキャッシングがご利用いただけるのです。

以上で説明しましたように、消費者金融アコムはより自由に現金を借り、その借りた現金を自由に使うことができます。

教育ローンも便利ですが、使い道などがより幅広いアコムも便利ですので、ぜひご利用を検討してみましょう。

アコム

銀行カードローンである三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も利用用途が自由ですので、教育に関する費用を借りることが可能です。

教育ローンというのは金利が低いのがメリットとなっておりますが、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も低金利で利用できます。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』もアコムと同じく、カードローン形式となっているため、好きなタイミングで借入が可能です。

なお、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は提携ATM手数料が無料なため、コンビニATMでも手数料無料で借り入れができるようになっています。

教育に関する費用でなく、生活費などを借り入れするのにも適しているローンサービスのため、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』へのお申し込みもご検討ください。

バンクイック

imasia_10957952_XL

教育ローンが利用できる金融機関にはどこがありますか?【サービス内容比較】


教育ローンが利用できる金融機関としては銀行や国などが挙げられます。

国の金融機関や銀行の教育ローンの特徴としては、やはり金利が低いというのが最大の特徴です。

ただ、その反面審査は厳しくなってしまいますので、細かい条件をクリアしていく必要があります。

そのため、審査に通過するのは中々難しく、利用できないという方も多くなっており、そういった意味では不便です。

また、先ほども述べましたように、借り入れ時期などが限定されますので、利用用途については柔軟性があるものの、タイミングを定めにくくなっております。

好きなタイミングで借りられるカードローンに比べれば、そういった点ではやはり不便といえるでしょう。

消費者金融や銀行のカードローンと比べますと、金利の面ではアドバンテージがあるものの、審査に通過しにくかったりタイミングが定められないという点で少々欠点があるといえます。

一方、教育関連の費用にも充てることができる消費者金融や銀行のカードローンはどうでしょうか。

金利に関しては教育ローンよりは高めな設定ですが、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら年4.6%〜14.6%と低い金利設定です。

また、消費者金融アコムは30日間の無利息期間があるため、返済スケジュールをうまく立てれば利息負担なしで借り入れることもできます。

このように、カードローンの金利は教育ローンに比べれば高いものの、お得に借り入れることは十分可能なのです。

そして、使い道が自由である点や、借り入れのタイミングが自分で決められるといったサービス面ではカードローンが圧倒的に優勢です。

便利なカードローンが利用できますので教育に関する費用もアコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のカードローンを利用することをお勧めします。

アコム

バンクイック

imasia_10961429_XL

教育ローンの金利は高い?低い?


教育ローンは高額なローンになることが多い為、金利は低いことが多いのです。

実際に某銀行では最優遇金利で年2.80%という低い金利設定になることあります(審査内容で変動あり)。

500万円程度まで借り入れが可能な教育ローンもあるため、学費や入学費用として借り入れることもできます。

低金利で利用できますのでお得に利用することができますが、その反面審査が厳しいのです。

利用条件が満たされているか確認され、返済能力の有無についても慎重に審査されます。

そのため、中々審査に通過できないといったこともありますし、希望した金額を借りられなかったということもあるのです。

金利が低い反面、審査の厳しく中々利用できないといったケースもみられますので、申し込む際にはご注意ください。

以上のように、教育ローンのような目的別のローンは金利が低い反面、審査がかなり厳しいことが多くなっています。

利用用途が自由な銀行・消費者金融のカードローンは金利は高くなりますが、利便性の点で強みを持っています。

また、審査基準に関しても利用条件がしっかりと満たされていれば問題無く満たせられる基準となっているのです。

もちろん、審査自体は厳しく行われていますが、アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』でしたら「安定した収入を確保している」という利用条件が守られていれば審査に十分通過できます。

さらに、アコムは無利息キャッシングサービスが、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は銀行のため低金利で利用できるため、金利面でもお得に利用できます。

利便性が強く、それでいてお得に利用できるという点でアコムと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は優れていますので、ぜひご利用を検討しましょう。

アコム

バンクイック

imasia_10957236_XL

教育ローンは学生本人も利用できますか?【審査基準】


教育ローンというと親権者がご子息の教育に充てるお金を借りるサービスのように思っている方もいらっしゃるかもしれません。

確かにそういった使われ方をすることが多いのですが、20歳以上の方でしたら学生でも利用可能ですので、教育ローンは自分自身の教育に必要なお金を借りることも可能です。

学費だけでなく学生の方が生活するのに必要なお金を借りるといった利用方法もありますので、幅広い範囲に利用していくことができます。

ただ、先ほども説明しましたように教育ローンの審査は厳しいため、学生本人の収入では審査に通過できないこともあるのです。

低金利な教育ローンを利用したいところですが、審査に通過できなければお金を借りることはできません。

そこで、審査に自信がないという学生の方にはアコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のカードローンへのお申し込みをオススメします。

20歳以上の方でしたら学生でも利用が可能となっておりますので、アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』に申し込みが可能です。

審査ですが、アコムと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用条件である「安定した収入の確保」ができていれば問題なく通過できます。

学業と両立できる範囲でいいので、アルバイトや派遣の仕事をして安定した収入を得ましょう。

安定した収入が得れていれば、審査に通過する可能性もありますので、ぜひ学生の方はアコムか三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』に申し込みましょう。

アコム

バンクイック

imasia_10957300_XL

教育ローンの審査時間【申込みから借入までどのくらいかかりますか?】


先ほどから説明していますように、教育ローンの審査は厳しく行われています。

そのため、審査時間も長くなることが多く、少なくとも即日で借りられるようなスピード性はありません。

申し込んでから借入までは最低でも2週間はかかります(審査内容などで変化)ので、審査時間も長くなっているのです。

教育ローンのように目的が明確なローンサービスに関しては、必要書類なども多くなってしまいます。

また、審査においてもどのような意図があって利用したいのかという説明などをしていく必要があり、審査は時間をかけてゆっくりと行われるのです。

低金利で高額なお金を借りることができるサービスですが、その分審査内容などは厳しくなっており時間がかかるのが常です。

一方、消費者金融アコム、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の審査時間は最短30分となります。

別に審査が甘いという訳ではないのですが、審査に必要な書類も少なく、また全てインターネット提出が可能です。

教育ローンのようにローンを利用する目的については特に聞かれませんので、インターネット上で提出した書類の確認で審査が完了します。

そのため審査に時間がかからず、最短30分で完了することもあり、即日でローンが利用可能です。

アコムに至っては最短1時間というスピード性になっており、これは他の消費者金融でも中々みられません。

アコム

バンクイック

また、アコムには自動契約機むじんくん、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』にはテレビ窓口という契約機があります。

アコムと三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はインターネットで申し込み、契約を完了させた状態で契約機に行けばその場ですぐにカードを発行することが可能です。

そのため、どちらの会社も即日でカード発行することが可能となっており、即日でカードローンもご利用いただけます。

アコムも三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も提携ATMが多い為、大手コンビニ(セブンイレブン、ファミリーマートなど)のATMですぐにお金を借りることができます。

また、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は提携ATM手数料が無料となっているため、無料でカードローンが利用できる点も嬉しいです。

以上で説明しましたようにスピード性においては教育ローンのような目的別ローンよりもアコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』といったカードローンが優れています。

早めにお金を借りたいというのでしたら、ぜひカードローンを利用してお金をかりましょう。

アコム

バンクイック

imasia_10952071_XL

審査が甘い、緩い教育ローンはありますか?


残念ながら、審査が甘い、緩いといった教育ローンはありません。

ローン会社としても高額なお金を低金利で貸し出す相手をきちんと選ばなくてはならないので、審査は厳しくなります。

そのため、中々教育ローンを利用できないという方もいらっしゃるかと思われます。

教育ローンを利用したいという方の中には、入学金や学費を期日どおりに納入しないと入学・進学できないという切羽詰まった状況にある方もいらっしゃるでしょう。

そういった事情がある方は教育ローンの利用に拘らず、アコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』といったカードローンに申し込んでみましょう。

もちろんカードローンの審査が甘いというわけではありませんが、審査基準が満たされていれば利用することが可能です。

どちらの会社もスピード性に優れておりますので、緊急の用件でお金を借りるにはもってこいの会社です。

早めにローンしてお金を借りたいという学生の方は、ぜひアコムや三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』にお申し込みください。

アコム

バンクイック

imasia_10933597_XL

 

教育ローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る