学費(入学費・授業料など)の捻出なら、国の教育ローン、奨学金、銀行の教育ローンどれが一番お得か比較してみました!

カードローンプランナー

あなたにぴったりのカードローンを紹介します。

学費(入学費・授業料など)の捻出なら、国の教育ローン、奨学金、銀行の教育ローンどれが一番お得か比較してみました!

読了までの目安時間:約 15分

 

利用用途が自由なお金の借入が可能!教育費用にも充てられるお金を借りることができるカードローンはこちら!


学生の方もアルバイトなどを利用すれば最短1時間で借りることが可能なアコム!

アコム

アルバイト先や親などにもバレずにキャッシングが利用できるモビット!

モビット

低金利なカードローン、学生も利用可能な三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

バンクイック

お子様の方のためのお金を借りることも可能な主婦に人気のイオン銀行カードローン!

イオン銀行

国の教育ローン(日本政策金融公庫)、奨学金、銀行の教育ローンの違いは何でしょうか?


日本政策金融金庫の教育ローン、奨学金、銀行の教育ローンはそれぞれ教育に関するお金を借りるサービスという点で共通しております。

このサービスの違いを挙げるとしたら、それは目的の違いといえるでしょう。

日本政策金融金庫・奨学金・銀行の教育ローンは債権を持つ側の目的が異なってきます。

つまり、その教育ローンが存在する目的自体が異なりますので、ご自身に適したローンサービスを利用する必要があるのです。

なお、当記事において奨学金は最も利用者が多い日本学生支援機構の奨学金サービスについて解説します。

日本政策金融金庫は日本政府が出資しているローンとなりますが、政府の営利を目的としたローンではありません。

日本政府が教育を奨励するための方策をいくつも打ち出していますが、教育というのはお金が必要になってくるものです。

そのため、日本政府の政策を実現するために日本政策金融公庫において、政府がお金を貸し出すという教育ローンを用意しています。

日本政府は教育費用が足りない人々に対して、援助するための予算を組んでいます。

そうした予算を元にローンサービスを国が提供しているということになるのです。

営利を目的とするのではなく、日本政府による政策推進のためのサービスといえるでしょう。



奨学金は厳密にいえばローンサービスではありません。

ですが、日本の奨学金制度はほとんどローンサービスといっても差し支えはないかと思われます。

奨学金は日本政策金融公庫の教育ローンと似ており、営利を目的としたローンサービスではなく、主に大学・大学院などの学費を国が支援するという目的のローンサービスです。

奨学金には二種類あり、無利息で利用できる第1種と利息がかかってくる第2種に分かれます。

学業における成績などを参考に審査が行われ、第1種か第2種かに振り分けられていくことになっているのです。

ただ、貸し出す対象は学生本人という点で、国の教育ローンとは異なるといえます。

奨学金は学生本人が借り、卒業後に社会人になった時から返済していくという形態をとっております。

先輩が返済したお金を後輩が新たに借りる、そんなサイクルで奨学金は流れていくのです。



銀行の教育ローンは各銀行が営利を目的として行っているローンサービスです。

上記の2点に比べれば、最も馴染みがあるローンサービスといえるかもしれません。

営利を目的としているとはいえ、金利自体は日本政策金融公庫や奨学金第2種とそれほど変わらず、低金利で利用していくことができます。

以上で説明しましたように、日本政策金融公庫の教育ローン・奨学金・銀行の教育ローンは目的が異なるため、微妙に差があります。

とはいえ、いずれも低金利で教育に関する費用が借りられるようになっておりますので、ご自身の状況などに合わせていずれかの教育ローンを利用していきましょう。

imasia_9030265_XL

国の教育ローン、奨学金、銀行の教育ローンそれぞれの審査基準は?

国の教育ローン・奨学金・銀行の教育ローンはそれぞれ貸し出す目的が異なってきます。

そのため、審査の性格についてもそれぞれ異なってきますので、まずはその点を理解しておかなければなりません。

こちらでは国の教育ローン・奨学金、銀行の教育ローンの審査について、それぞれの審査基準などを解説します。

国の教育ローン

日本政策金融公庫による国の教育ローンですが、審査基準は、まず年収が重要な指針となってきます。

普通、消費者金融のカードローンなどですと、年収が多ければ多いほど審査では有利になるのですが、国の教育ローンは営利目的ではなく教育費用がなくて困っている人に貸し出すことを目的としています。

つまり、国の教育ローンの場合、年収が高い方は利用することができないのです。

お子様の数が1人の場合は世帯年収が790万円以下、2人の場合は890万以下…でないと利用できないという審査基準が設けられています。

また、日本政策金融公庫は義務教育以上、つまり中学校以上のお子様のためのローンサービスとなっておりますので、お子様が通学している学校の種類も審査の対象となります。

奨学金

まず、奨学金は先ほども説明しましたように、第1種(無金利)と第2種(有金利)の2種類にわかれます。

また、借入をするのは学生本人となりますので、学生の方が審査の対象となります。

国の教育ローンと同じく、基本的には家計が苦しく教育にかけるお金が用意できないという方が利用するのが奨学金です。

そのため、世帯年収の金額も審査の対象となり、世帯収入が高ければ利用できないようになっております。

また、奨学金は学生本人の成績や学習に対する意欲なども重要な審査基準となってくるのです。

特に成績によって第1種か第2種に振り分けられるなど、審査が行われるうえでも重要な指針となってきます。

銀行の教育ローン

銀行の教育ローンは国の教育ローンや奨学金とは異なり、銀行の営利を目的としたローンサービスです。

そのため、利用者においては年収が高いと利用できないなどといった制限はなく、誰でも申し込むことができるサービスとなります。

とはいえ、銀行に返済能力がないとみなされてしまえば、審査に通過することはできません。

安定した収入があり、返済能力があると見なされれば審査に通過することも可能となりますので、各銀行の利用条件などを参考にしてください。

なお、20歳を超えていればどの銀行でも申し込みが可能ですので、親権者だけでなく、学生本人も借りることが可能となっております。

学生の場合はアルバイトなどで収入を得ていれば収入の金額相応のお金を貸してもらえることができます。

以上のように、日本政策金融公庫・奨学金・銀行はそれぞれ貸し出す目的が異なりますので、審査も異なってきます。

自分自身の境遇に最も適しているローンを選んで、学業に必要なお金を借りましょう。

imasia_9030255_XL

国の教育ローン、奨学金、銀行の教育ローンを借り入れするときのそれぞれの注意点は?


便利に利用できる教育ローンですが、借入するときの注意点もあります。

こちらでは日本政策金融公庫・奨学金・銀行の教育ローンのそれぞれを借り入れるにあたって、注意すべき点を解説していきますので、ぜひご参考にしてください。

国の教育ローン


◯実際に借入をするまでには20日程度かかる
国の教育ローンですので、審査基準に関してはかなり厳しく、時間をかけて行われます。

そのため、審査結果が出るのにも2週間程度かかることもありますので、実際に現金が借りられるのは20日程度の時間を要するのです。

教育関連費用の中には、入学金や学費など納入期限が定まっている時もあります。

あらかじめ余裕を持って申し込まないと、借入が間に合わないなんてことにもなりかねませんので、注意が必要です。

◯保証料と連帯保証人
国の教育ローンを利用する際には、保証料と連帯保証人がどちらも必要になります。

そのため、利息負担(年2.05%)の他にも、保証料として年1.0%相当のお金が必要となってくるのです。

また、連帯保証人も必要ですので、心当たりのある人物にお願いすることも必要となります。

奨学金

◯実際に借りることができるのは入学してから
奨学金は大学在学中に毎月支給されることになるお金です。

そのため、入学前は受け取ることができません。

国の教育ローンや銀行の教育ローンでしたら、例えば下宿費用として借りることもできます。

そのため、入学前の準備資金なども借りられるのですが、奨学金が借りられるようになるには入学を待たなければならないのです。

◯手続きが結構大変
私の経験から言って、奨学金はとにかく手続きなどが大変です。

更新手続きや申し込みなどもあり、期限を守らないと奨学金がもらえないなんてことにもなりかねません。

そして、手続きは学生本人がする必要があるため、慣れない手続きなどに追われることにもなります。

中には審査などの説明がよくわからないまま、結局利用できなかったなんてケースもありますので、手続きが大変という点には注意です。

◯大学卒業、就職など将来の返済スケジュールについても注意が必要。
筆者の友人は奨学金を貰っていたにもかかわらず、留年してしまいました。

彼とは卒業後に一度も会っていないので詳細は不明ですが、おそらく成績不振などによる留年ですと奨学金はもらえなくなります。

また、就職活動に成功して就職したうえで返済していくことを前提にしておりますので、その辺りのスケジュール管理もしっかりとしなくてはなりません。

就職活動に失敗し、返済が困難になっても一定の手続きをすれば返済を待ってもらえるようですが、利息は増え続ける恐れもあります。

個人の返済能力が審査で確認されているのではなく、将来の返済能力を前提とした貸し出しなので、返済が滞るリスクもあるのです。

実際のところ、奨学金が返せないという方も多く、問題となっておりますので利用するにあたっては注意が必要となります。

銀行の教育ローン

◯収入が安定していないと審査に通過できない
国の教育ローンや奨学金とは異なり、営利を目的としたサービスですので、審査時点での返済能力についてかなり厳しく審査が行われます。

そのため、安定した収入などがなければ審査に通過することができないため、審査前にしっかりと対策する必要があるのです。

◯利用用途が定まっているわけではない
カードローンと異なり、教育ローンは目的別のローンとなりますので、教育関連費用以外のお金に充てることはできません。

利用用途自由なローンがご利用になりたい方は、カードローンへお申し込みください。


各教育ローンを利用する際には上記のような点に注意しましょう。

imasia_9030264_XL

国の教育ローン、奨学金の審査結果が落ちた場合は、どのように入学費や授業料を納めればよいのでしょうか?

国の教育ローン、奨学金、銀行の教育ローンの審査は先ほども説明しましたが、審査基準が厳しめに設定されております。

そのため、中々審査に通過できないということも考えられます。

そういった審査に通過できない間にも、入学金や授業料の納入期限は過ぎてしまう恐れがあるのです。

国・銀行の教育ローン及び奨学金の審査に落ちてしまったという方は、消費者金融や銀行のカードローンを利用しましょう。

消費者金融アコムのカードローンで借りたお金の利用用途は自由ですので、教育関連費用にも充てることが可能です。

アコム

アコムはインターネットで申し込めば最短1時間で借入が可能となりますので、申し込んでからすぐに現金を用意することができます。

そして、利用条件も「20歳以上で安定した収入がある」ということが条件となります。

そのため、学生本人も20歳を超えていれば利用できますし、親権者の方も安定した収入があれば審査に通過できます。

アコムでは最初の30日間が無利息期間となっておりますので、お得なキャッシングが利用可能です。

また、インターネットの簡単な操作で現金の借入手続きができるため、非常に便利となっております。

以上のように、消費者金融アコムでも教育関連費用を準備することはできますので、ぜひアコムの利用もご検討ください。

アコム

また、銀行でも三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のような利用用途自由なカードローンでしたら借りたお金を教育費用に充てることも可能です。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は年4.6%〜14.6%とカードローンの中では低金利なカードローンとなります。

また、即日キャッシングも可能となっており、すぐにお金を準備することが可能です。

提携ATM手数料に関しても無料で、利用しやすいカードローンとなりますので、ぜひ三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用も検討しましょう。

バンクイック

imasia_9030062_XL

【まとめ】教育ローン、奨学金は借金なので計画的に利用、返済していくことが大切です


上記で説明しましたように、国の教育ローンや奨学金は学生を支援するという性格を持ったローンサービスです。

そのため、学生の方に大いに助けとなるローンサービスですが、返済しなければならないということは忘れないようにしましょう。

奨学金の返済が滞り、その情報が履歴として残っていると他のローンサービスやクレジットカードサービスなどを利用できなくなってしまうこともあります。

返済が滞りますと様々と支障がきたすこともありますので、そういう時は消費者金融アコムから借りたお金などを返済に充てるといった利用方法もお試しください。

アコム

imasia_9030029_XL

 

教育ローン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る