冠婚葬祭費用の相場はどれくらい?出産祝い、結婚祝い、子供の入学、成人祝い、長寿祝い、お香典などを解説します

カードローンプランナー

あなたにぴったりのカードローンを紹介します。

冠婚葬祭費用の相場はどれくらい?出産祝い、結婚祝い、子供の入学、成人祝い、長寿祝い、お香典などを解説します

読了までの目安時間:約 16分

 

保証人不要、担保不要の使い道自由のカードローンはこちら


使い道自由なお金が最短1時間で借りられる利便性の高い消費者金融アコム!

アコム

電話連絡なしで借りられるうえに無利息サービスもあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス!

プロミス

金利の低さに加え、最短即日キャッシングも可能な三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!
バンクイック

主婦の家計の支えになる低金利銀行カードローン、イオン銀行カードローン!

イオン銀行


冠婚葬祭費について気にしている方のために、相場などを解説します!


当記事をご覧の方の中には、友人・知人・会社の上司や同僚、親戚などの冠婚葬祭を控えているという方も多いかと思われます。

一部地域では結婚式などを会費制にするといった風習があるようですが、一般的には冠婚葬祭の費用は出席者が任意で包むものです。

ですが、結婚式に招かれて、まさか1,000円札を一枚入れてご祝儀とするわけにもいきません。

そういったことをしていると後々まで長い期間において噂されることになるでしょう。

特に香典や祝儀の金額があまりにも常識外れだったりすると、社会人としての品位を疑われてしまうことにもつながりかねません。

実際に、私の親戚にあたる人物ですが、香典でかなり常識外れな金額を包んだそうなのですが、私の耳に入るくらいに噂されております。

親しき中にも礼儀ありとはよく言ったもので、できれば冠婚葬祭の費用に関しては相場通りの金額を準備出来るようにしましょう。

下記の相場を参考にしていただけば、特に問題は生じないかと思われますので、ぜひご参考にしてください。

当記事では、結婚祝いやお葬式の香典費用のほか、出産祝い、子供入学祝い、成人祝い、病気見舞い、長寿祝いなど各儀礼的な催しに払うことになるお金の相場について解説していきます。

そうした冠婚葬祭費が足りない時にどうやって準備すればいいかという点についても解説しますので、ぜひご参考にしてください。

imasia_10006336_XL

結婚祝いの相場は?


友人や親しい人の晴れの舞台である結婚に関わるお祝い金である「結婚祝い」の相場は、結婚式に出席するか欠席するかで大きく異なります。

まずはそれぞれのパターンについて解説します。

◯結婚式に出席する場合


結婚式に出席する場合は、欠席する場合よりも高額な金額をご祝儀として包むのが一般的です。

結婚式に招いている新郎・新婦や親族一同も平均として300万円程度のお金をかけて結婚式を開いております。

披露宴の食事や引出物など、参加者に対してもてなしもしておりますので、そうしたおもてなしに応えるという意味でもご祝儀はきちんと包む必要があるのです。

それに、結婚式に招かれるくらいですからその新郎・新婦と親しい関係にあるのではないでしょうか。

例え付き合いで呼ばれたとはいえ、結婚式に招かれるということはそれだけその人物に影響を与える人物と認められることを示します。

そのため、結婚式に出席するのでしたら、それ相応のお金を祝儀として包むのが常識となっているのです。

さて、相場ですが大体20,000円〜50,000円というのが相場となっております。

ご祝儀に関しては、新郎・新婦との関係性も大きく関係してくるので、関係性についてもお考えください。

例えば、友人・知人や会社の同僚でしたら大体20,000円〜30,000円を包むのが相場といえます。

親戚でお世話になった方や特に親しい方に対しては50,000円を包むのが一般的です。

そして、兄弟姉妹や恩人に対しては10万円を包むこともみられます。

とはいえ、特に親しくもないのにいきなり10万円を包んでしまえば新郎・新婦側も恐縮してしまうでしょう。

ほとんどの場合、結婚式の祝儀として包む場合は20,000円〜50,000円といった金額が相場となるとお考えください。

◯結婚式に欠席する場合


結婚式の招待状が届いたのに、どうしても参加できないという事情があるという方もいらっしゃるかと思われます。

そういった際には不参加でも構わないのですが、不参加の場合でもお祝い金を包んであげるのが一般的です。

「せっかく招待してくれたのに参加できなくて申し訳ない、これはほんのお祝いの代わりです」といった感じで結婚祝いを渡しましょう。

出席する場合よりは相場は低く、10,000円を包むのが一般的となっております。

親しい人の場合はもう少し多く包んであげるのもいいかもしれませんね。


以上のように、結婚式に出席するか欠席するかによって相場は大きく異なるのです。

上記では相場の説明だけしてきましたが、ご祝儀には他にも風習があります。

従来よりは気にされることは少なくなったものの、偶数は「割れる」数字のため、縁起が悪いということで奇数、つまり10,000円、30,000円、50,000円を包むのが一般的です。

20,000円を包む際には千円札を1枚足して奇数にするといった配慮をする方もいます。

また、ご祝儀として包む際には新札を包むのが常識とされていますので、そういった配慮もしてみましょう。

imasia_10003054_XL

出産祝いの相場は?


結婚祝いをあげたら今度は出産祝いをあげる機会も巡ってくることもあるでしょう。

出産祝いは一般的に初七日(生れてから7日後)から30日以内にあげるのが一般的ですが、その相場について下記で説明します。

出産祝いも渡す相手によって相場は若干異なってきます。

まず、友人や知人、会社の同僚相手でしたら5,000円〜10,000円というのが相場です。

年齢層によっても異なり、20代の頃でしたら5,000円くらいですが、40代頃でしたら10,000円を包んであげる、といった相場となります。

なお、出産祝いも結婚祝いと同じく、奇数の金額を渡すのが一般的となりますので、5,000円か10,000円といった金額を渡しましょう。

会社の上司や普段からお世話になっている方でしたら、10,000円以上の金額が相場となります。

ただ、あまりにも高額な金額を渡すのも常識から外れますので、10,000円程度に抑えておくのが無難です。

なお、出産祝いはお金の他に赤ちゃんグッズやギフト、カードなどを添えてあげることが多いので、そういった気配りもしてあげると、なおよろしいでしょう。

imasia_10003053_XL

子ども入学祝い、成人祝いの相場は?


子どもの入学祝いに関しては、親戚や祖父母、叔父叔母、親しい友人などが贈るのが一般的です。

贈る相手が小学生なら親に、中学生以上でしたら本人にあげることが多くなっております。

相場としては贈る相手との関係性に依るところも大きいのですが、5,000円・10,000円・20,000円といったところが相場といえるでしょう。

なお、子ども本人に渡す場合は現金ではなく、図書券などで渡すことが多いというのも特徴です。

子どもの成人祝いとなりますと、一生に一度しかない成人の機会ともあってもう少し高額な祝い金を渡すこととなります。

子どもや孫に対して両親や祖父母は10,000円・30,000円・50,000円が相場です。

甥・姪に対して叔父・叔母の相場は10,000円〜30,000円という金額になります。

知人や友人の子供に対しては5,000円〜10,000円といった金額が相場です。

特に女性の場合、振袖などを着たりするお金を別途お祝いとして渡すなんていうケースもみられます。

以上のように、成人祝いが多少高くなるのが子ども関連のお祝い費用の特徴といえるでしょう。

imasia_10003049_XL

病気のお見舞いの相場は?


上記ではお祝いに関するお金の相場に関して説明してきましたが、今度は病気や怪我といった不幸に対するお見舞金です。

これは不幸な人を応援する性質といえますので、より気を配る必要があります。

まず、お見舞金ですが、一般的には家族や親族が渡すのが一般的で、あまり友人間で現金を渡すということはありません。

家族・親族がお見舞金として渡す金額としても10,000円以内というのが相場となっており、あまり高額な金額を包むのは避けられることが多いです。

なぜならば、あまり高額な金額になるとお見舞いを貰った側、つまり病人に気を使わせることになりますので、あまり高額なお見舞金をあげるのは一般的とはいえません。

友人がお見舞金を渡す際には金額も大事ですが、他にも様々と気を配る必要があります。

病気や怪我で安静にしておきたいのに、大勢の人々が見舞いに来れば家族や親族だけでなく、病院側にも迷惑をかけてしまうのです。

何より、病人・怪我人に負担をかけてしまいかねませんので、お見舞いをするさいには事前にアポイントメントを取っておくのは必須となります。

また、近年では衛生上の観点から生花を見舞品とすることを禁止する病院もあるのです。

お見舞い品について迷惑にならないものを選ぶなど、配慮をして礼儀正しく見舞いましょう。

imasia_9993034_XL

長寿祝いの相場は?


還暦などのお祝いのことを長寿祝いといいますが、ご両親や祖父母が今後も長生きするようにお祝いしてあげるという風習もあります。

還暦祝いなどは親孝行といった側面が大きいので、特に相場という金額がないといえますが、それでも一般的には10,000円〜50,000円といった現金を渡すケースが多いようです。

現金を渡す他にも赤いちゃんちゃんこを渡したり、旅行に連れて行ってあげるなどといったお祝いをする方が多いので、ぜひお祝いしてあげてください。

imasia_9993002_XL

お葬式のお香典の相場は?


結婚式のお祝いとして支払うのがご祝儀だとしたら、葬式でお悔やみの気持ちとして支払うのが香典です。

香典というのは他の冠婚葬祭費以上に気を使うというか、常識が問われるお金となりますので、特に注意が必要といえます。

もちろん、親しい人が亡くなったことに対してお悔みを申しあげるという意味でも重要な冠婚葬祭費です。

お香典の相場ですが、年齢や故人との関係によって大きく異なってきます。

基本的には他の冠婚葬祭費と同じく、少なすぎず・多すぎずといった金額を包むのが常識です。

葬式でも『香典返し』といった品物を渡されたり、故人を偲ぶための食事会のようなことが催されることもあります。

そのため、あまり常識外れな金額を渡したりするのも失礼にあたります。

基本的に親しかった場合は高額に、知り合い程度だった場合は低額になる傾向にあります。

また、年齢層が低ければ低額に、年齢が高ければ高額になっていくのです。

以上のことを踏まえますと、親戚が亡くなった場合は、10,000円(20代)・30,000円(30代)・50,000円(40代以上)といった金額が相場になるでしょう。

親しい友人・知人の際には5,000円〜30,000円、知り合い程度の付き合いだった方には5,000円〜10,000円といったところでしょうか。

正直なところ、香典を包む本人が故人とどんな関係だったかによって変わりますので断定はできないのです、どうしてもわからなかったら周囲の人に相談してみましょう。

なお、社葬が行われた場合は10,000円〜30,000円といった金額を香典とするのが相場となってきます。

葬式の場合、香典の他にも仏花などを贈る方も多いので、そういった点も考慮に入れておきましょう。

imasia_9986225_XL

冠婚葬祭の費用な加齢と共に増える傾向に


現代日本はすでに少子高齢化社会ではなく、少子高齢社会と表現するべきというくらいに高齢者が増加しているそうです。

そのため、冠婚葬祭、特に葬式が行われることが多くなり、中には一ヶ月のうちに連続して葬式や結婚式が重なったなんて方もいらっしゃるかもしれません。

私事ですが、私の父が先月葬式と結婚式が重なったそうで、合わせて80,000円が冠婚葬祭費用としてかかってしまったそうです。

80,000円といえばかなり高額な負担ですが、まさか断るわけにもいかないものです、特にお香典は。

ですが、いくら断れないからといって手元に現金が無ければ支払うことができません。

予期せず冠婚葬祭などが重なった場合は、最短1時間で現金が借りることができる消費者金融アコムで用意することをお勧めします。

同僚や上司に突然の不幸があったとして、香典が用意できない、なんてことになった時にアコムでしたらすぐにお金を借りることが出来ます。

アコムでは30日間の無利息キャッシングサービスなど返済の負担を減らすことができるサービスも行われておりますので、ぜひアコムを利用して冠婚葬祭費用を準備してください。

アコム

imasia_9986193_XL

冠婚葬祭の費用を用意することができないと人間関係に影響も……


上記で説明しましたように、冠婚葬祭やお祝い・お見舞いとしてお金を渡すという風習のようなものがあります。

人によってはこんな古臭い風習にお金を費やすなんて、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以前ほど地域社会のつながりが減少したため、こうした風習に捉われることを嫌う方もいらっしゃいます。

しかしながら、冠婚葬祭費用を支払うのは当然のマナーだと考えている方も大勢いらっしゃるのも事実です。

そうした人が多い中で、自分だけが支払わないことを大声で主張すれば、人間関係にも悪影響を与えるでしょう。

それに、普段から親しくしている人に対してお祝いやお見舞いをするというのは決して悪いことではありません。

もちろん、大して付き合いもない人にあげるのは避けたいかもしれませんが、そうやってお祝い・お見舞いをあげる人物を選ぶと非難されるのは心外かと思われます。

冠婚葬祭の費用は社会における潤滑油のようなものですので、支払っておくことがオススメです。

どうしてもお金が用意できない方は、消費者金融アコムなどスピード性に優れていて、なおかつ30日間無利息キャッシングなどお得なサービスを行っている会社でお金を借りて、冠婚葬祭費を支払いましょう。

アコム

imasia_9985313_XL

 

冠婚葬祭費用   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る